豊中 訪問看護は「あったかリハビリ」へ

義母の義歯。

先日義母が大往生で亡くなりました。
その時に感じた入れ歯の話です。

霊安室でみた義母の口の中に入れ歯がなく、直ぐ入れることを試みましたが死後硬直で私には無理でした。
50歳代から愛用の総入れ歯、夜も入れ、義母と同居を始めた時には入れ歯はかぱかぱ、転倒により壊れ歯科の往診も15回以上。
夜だけ外すのに1年の月日。亡くなる前日の夕食まで使った入れ歯でした。

生前の義母を想うと何とか最後の最後まで口の中に収まって欲しいと思い、葬儀屋さんにお願いしました。

納棺師さんは素晴らしかったです。
通夜一時間前入れ歯は義母の口の中に収まっており、私たちは思い出の義母の姿でお見送りができました。


今年も振り返ればあっと言うまでした。大変お世話になり感謝の気持ちでございます。
皆様が健やかによいお年を迎えられること、お祈り申し上げます。

kotatsu_animal.png

あったかリハビリ訪問看護ステーション 看護師O

大切なものの行方

KIMG0451.JPG

食洗機、便利ですが欠けることがありませんか?

それも100均の食器に攻撃されるのか、一軍の食器が・・・(泣)。
捨てるのはもったいない、でも欠けた食器を使うのもなぁ、ということで金継ぎをしてもらいました。
画像の右端の部分です。

新しい食器を手に入れたようで、気分が上がります(^^♪


今度は自分でできる金継ぎ教室で、家中の欠けた食器を生まれ変わらせようかな。
金継ぎした食器は食洗機が使えなくなりますが…( ;∀;)

看護師 F