豊中 訪問看護は「あったかリハビリ」へ

新入職の訪問看護師さんの一か月間 @

こんにちは宮川です。

新しい職場に就くと、自身も患者さん(訪問看護では利用者さん)も少し緊張気味のせいか、通常では無いような出来事や話が上がったりするかと思います。

あったかに入職されたナースさんの一か月の変化を追ってみると・・・

まずは
『服装』
動きやすい服装・屋外を自転車やバイクで移動する服装・あったかではポロシャツにジーンズ以外のズボンの着用とし訪問に回っています。
・訪問看護初めてナースさん出勤初日:トレーニングパンツにポロシャツ。(プラス時々カーディガン)
 「寒く無い?!」「日焼け大丈夫?!」 この言葉を5年間、ほぼ毎回言ってるように思います(笑)
そして徐々に服装が変化し一週間も経てば、防風・UV対策されたスタイルに変化しています。他のスタッフを見て真似たたりアドバイスをもらったりしてるんでしょうかね。

そして
『地図を読む』
初めは同行訪問を行いますが、『どこに自分は行くのか?』利用者さん宅に無事に到着せねばなりません。
ステーションから利用者さん宅へ初めは先輩ナースと一緒に向かうようにスケジューリングしますが、どうしても『現地=利用者さん宅前集合』になってしまうことがあります。
グーグルマップや紙地図で調べて、必死で目的地に・・・と思いきや、地元出身の事務員さんや他スタッフなどが「スーパーがある・小学校がある」などアドバイスを行ってくれて?、これまた一週後には「あのコンビニの近くですね・他に近道ってありますか?」なぁ〜んて言葉がでるぐらい。慣れるんですね。

hana DSC_0331.jpg

そして訪問場面では・・またお伝えしていきます。