豊中 訪問看護は「あったかリハビリ」へ

かかとケア

こんにちは 宮川です。

テレビCMで、夏のかかとケア『ドクターショール』などを見ると、ちょっと気なる。。。
自分の足は大丈夫なのか?と、思う人もいるかも知れませんね。

そこで今回は、私が実際に行って効果あるなぁ〜と思う方法を簡単に紹介したいと思います。
〜効果を感じたかかとケア〜
a 毎日 軽石で削る(削るというより擦る)
b 毎日 かかと用ヤスリ(板状の・・・ブラシ?みたいな形のヤスリ)で削る(擦る)
c 数日間毎日 『かかとちゃん』(市販の靴下みたいなもの)を履いて寝る。
d 角質軟化剤を塗りこんでから、足を湯に入れて暫くたったら引き上げて軽く水分をとってから削る。
※クリームやローションを塗った足は、風呂場では滑りますので使用には注意が必要です。

上記の4つが簡単で、普通に『キレイ』って感じになります。

(参考までですが、あんまり効果が無いなぁ〜と感じたのはヘッドの小さいリューターなどで削ることです。
魚の目とかタコには良いのかも知れませんが、かかと全体だと時間がかかわりに効果は???って感じでした。)

a〜cまでの方法では、毎日!っていうのがpointです。
一気に・一度に沢山削ろうとせずに、毎日少しだけ削る。
私は自分の足の場合『角質は気にならない程度だけど、日々溜まってくるから毎日落とす』そんな気持ちでしてます。硬くなって割れたり、靴下を脱いだらボロボロと皮が落ちる。なーんて事はありません。

硬くなるから割れる。
割れた皮膚は再生不可能と思い削るのが効果的です。

利用者さん(患者さん)の足をケアすると決まって言われるのが『家族から足が綺麗になったねと言われた』って言葉です。みなさん意外と見てるんですね。


それともう一つが・・・『私もマニュキュア塗って欲しい!』です。

あし爪.jpg

でも、利用者(患者)さんの足に塗るのはちょっと・・・・(・・;)