豊中 訪問看護は「あったかリハビリ」へ

一日一時間の仕事 看護師の職場選び その4

こんにちは〜宮川です。

先日 訪問先の利用者さんから、『今のヘルパーさんが、ドイツ語が話せる方で楽しい』
という話を聞きました。

あら?ドイツの方ですか?― いいえ。○○大学をでられた方でドイツ語専攻だったみたい。

今はヘルパーさんとして働いているのは、『一日に一時間で働ける仕事が無いから』
だそうです。
結婚して子どもが産まれ、忙しい毎日で、少しでも仕事しようと思っても時間に余裕がない。
そうなると、一日一時間・たとえば午前中 10時からの一時間。午後は2時からの一時間。
そんな風にできる仕事は、とても少ない。

あぁ〜なるほどね〜。と、今さらながら?気づきました。
そして、看護師も訪問看護なら、そんな風に仕事できるなぁと。

外来診療も、検診などの単発もアルバイトも、2〜3時間と書いてあってもそうは終わらないふらふら
出勤にも時間がかかりますもんね。


あ!そうそう。今年の、わたしのつぶやきは、これがラスト?になりそうです。
今年もブログを読んで下さった皆さん!ありがとうございました。
お正月休みは、どんな風に過ごしますか? 私は毎年寝正月・・・に、ならないように今年は出かけてみようと思ってます。趣味で始めた着物を着て、出かけてみようかなぁ。

お互いに、良い年を迎えましょう〜