豊中 訪問看護は「あったかリハビリ」へ

ダニエル・キイスさん、死去

ダニエル・キイスさんがなくなりました。

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)



の作者の方です。

この作品は、僕もはじめて読んだ時、一晩で2回も読んだ作品です。
宇多田ヒカルさんもファンだったり、
氷室京介さんが、解散後最初のアルバムのタイトルに
「FLOWERS for ALGERNON」
と名づけたりと、非常にメジャーなSF作品なんですが……

その本の中の文章に非常に記憶に残っている文章があります。

『人為的に誘発された知能は、その増大量に比例する速度で減少する』

「戒め」としてこの文章を理解したのですが、人生で調子に乗りすぎたとき…
逆境の時…、よく思い出す言葉の一つです。

どう解釈されるかは、是非原作を読んでみてください。

「人と違うこと」=個性 とすれば、

その個性を周りは、どう受け入れたらいいんでしょうか?
非常に考えさせられた、高校生の時の江口が、そこにはいました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: