豊中 訪問看護は「あったかリハビリ」へ

スーパー劣等性

 久しぶりに会議のない木曜日。

 田舎モノで、ちょっと電車の苦手な僕は、
帰宅の途のサラーリーマンに混じって電車にのり、
光宗薫さんの個展、「スーパー劣等性」を見てきました。

 光宗薫さんとは、
2011年3月に神戸コレクションモデルオーディションでグランプリを受賞。
「スーパー研究生」としてAKBに入るも、
体調不良等から、2012年10月24日にAKB48の活動を辞退。

SMAP中居君主演のドラマ・映画「ATARU」にも出演されていました。


 個人的に言えば、
美人、
しかも「幸が薄い」(失礼かな)、
ショートカット、

…と『どストライク』の外見。


それ以上に、活動休止前後の何ともいえない雰囲気に惹かれ、
注目していました。

さて、そんな彼女の個展。
惹かれた意味は言葉に出来ませんが、良くわかりました。

とくにボールペンの作品群も良かったのですが、
それ以上に『箱と影絵』を使った芸術に惹かれました。

正直、独特です。好き嫌いも分かれるかもしれませんが、
お時間があれば是非。

平成25年10月20日まで(今日を入れて残り3日)

詳細はコチラ⇒光宗-薫-個展「スーパー劣等生」

個人的な趣味が入った記事でした。

『江口のことは嫌いでも、あったかのことは嫌いにならないで下さい」(byキンタロー。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: